• プログラミング教室

    子供向けのプログラミング学習ソフト(Scratchなど)を使い、簡単なゲームを作成しながら楽しくプログラミングの基礎を学びます。

  • サイエンス教室​

    子供たちに「理科って身近で面白い!」という感動を伝えたいと言う思いから「サイエンス教室」を開催しています。

  • もののしくみ研究室

    身の回りにある興味深いものたちを研究ししくみを学ぶことで、自然と興味関心が沸きやすくなり、創造力が身につきます。

  • 課外活動

    積極的な課外活動とワークショップでの体験を通し、新しい発見を得ることで仲間とのプレゼン、コミュニケーション能力を磨きます。

子供たちの無限の発想をカタチに

小・中学生対象のプログラミングとサイエンスの教室 codience(コーディエンス)「Code and Sciece」

私たちはプログラミング学習を通して、様々なスキルが身につくと考えています。

・物事を順序良く伝える力 ・計画の立て方 ・効率化 ・理系脳の開発 ・抽象化する能力 ・間違いを見つける力 ・思考力 ・表現力 ・プレゼンテーション能力 ・座標や放物線 ・PCの操作 ・ローマ字の習得 ・ブラインドタッチ

プログラミングを教えるのは、 お子さんをプログラマーにするためだけではありません。

最近では様々なビジュアル言語が開発され、独学での習得が難しいと言われていたプログラミングも、自宅で気軽に学べるようになりました。しかし子どもたちには学習するのを助けるメンター(指導者)が必要です。

何も知らない子供に、インターネット上から「安全に正しい情報を引き出す」方法も教えなければなりませんし、あえて小さい失敗をさせてあげることも必要です。

教室に通うことで学習のペースを保つことができ、疑問が生れた時にすぐに質問して解決できるメリットがあり、アルゴリズムの概念や論理的思考の習得だけでなく、主体性、問題解決力、思考力、コミュニケーション力、プレゼンテーション力、創造力(想像力)を育む工夫をしています。

将来に役立つ、生きていく力を身に付ける学習。

プログラミングは様々な職業の人たちに便利な道具として使われています。

例えば数学者や物理学者、株のトレーダーやプロジェクトマッピング、ミュージシャンや各種アーティストなどの人たちも、それぞれの仕事の目的を実現達成するために、プログラミングを用いています。
また日常生活のあらゆる側面で、大なり小なりコンピューターが関わっており、農業、伝統工芸、スポーツの世界でもコンピューターは便利な道具として積極的に使われています。

子供にプログラミングの基礎や概念を理解することはとても意味があり、それは将来に役立つ「生きていく力」を身に付ける学習方法なのです。

STEM教育

S \ Science T \ Technology E \ Engineering M \ Mathematics
科学・技術・工学・数学の教育分野を表した言葉です

教育イノベーションを起こそう!

体験型学習STEM教育「未来の教室」

codience (Code and Sciece【コーディエンス】) は、STEM教育の中の、特にコンピューターサイエンスに焦点をあてた小・中学生を対象とするプログラミング&サイエンス教室です。